So-net無料ブログ作成
検索選択

松井秀喜 国民栄誉賞受賞に疑問!なぜ! [スポーツ]

スポンサーリンク




松井秀喜氏が、長嶋茂雄氏と共に国民栄誉賞を受ける事になりました。




しかし、長嶋茂雄氏はともかく、なぜ今松井秀喜氏が受賞するのか疑問です。

世間の反応も2人の受賞を祝福する一方、松井秀喜氏の受賞を疑問視する声が
高まっています。


そもそも国民栄誉賞とは、1977年に内閣総理大臣の決裁により設けられ、この表彰の内容については、

「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった者について、その栄誉をたたえることを目的」としている。


きわめて曖昧な定義ですね。

しかし、過去の受賞者(最後に記載)をみると、それぞれその道において圧倒的な存在感・記録などに裏付けられた人物が受賞を受けている。

長島茂雄氏は今回の国民栄誉賞受賞には、だれも異論はないはずで
むしろまだ受賞されていなかったのかと遅い感がありますよね。

しかし松井秀喜氏も受賞には、政治的な思惑がミエミエのようです。


そもそも今回の受賞は、昨年引退した松井秀喜氏の受賞が先に決まったようです。

長島茂雄氏が松井秀喜氏の抱合せにつかわれたようです。

松井氏の実績からみても1流選手である事は認められますが、

国民栄誉賞を受けるには実績・インパクト共に弱いように思われます。

松井氏の大リーグ時代の輝かしい実績は、ヤンキース時代のワールドシリーズMVPぐらいですよ。

大リーグで多くの記録を作っているイチローとは比べ物になりません。

また、日本人の大リーグでの活躍の道を切り拓いた野茂英雄氏・日本で3度の三冠王を獲得した落合博満氏・長島氏より実績が上の野村克也氏などを差し置いての受賞も???。

松井秀喜氏にとっても「師弟同時受賞」と掻き立てられ断るに断れない状況かもしれませんが・・・。


自民党の今年の参議院選挙を狙っての人気取り策として利用されているのがミエミエの今回の受賞。

国民栄誉賞の価値を下げるようでしたら、賞の抜本的な見直し・定義付けが必要ではないでしょうか!?。




【国民栄誉賞 過去の受賞者】

・第1回受賞の世界のホームラン王である王貞治
・古賀政男(「古賀メロディー」作曲の業績により受賞。)
・俳優の長谷川一夫(卓越した演技と映画・演劇界への貢献の功により受賞)
登山家の植村直己(世界五大陸最高峰登頂などの功により)
・柔道の山下泰裕(ロサンゼルス・オリンピック柔道無差別級第1位その他198連勝(引 退までに203連勝)の 記録により受賞。)
・衣笠祥雄(プロ野球連続試合出場世界最多記録達成により)
・歌手の美空ひばり
・横綱千代の富士(大相撲通算最多勝利達成)
・歌手の藤山一郎
・漫画家の長谷川町子
・作曲家の服部良一
・俳優の渥美清
・作曲家の吉田正
・映画監督の黒澤明
・マラソン選手の高橋尚子
・作曲家の遠藤実
女優の森光子
・俳優の森繁久弥
サッカー日本女子代表チーム(なでしこジャパン)
・レスリングの吉田沙保里
・大相撲の大鵬


MLB 松井秀喜 ~ニューヨーク・ヤンキース~ [DVD]

MLB シリーズ8 松井 秀喜 Hideki Matsui/NY YANKEES (ヤンキース) [並行輸入品]



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
気になるニュース・出来事ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。