So-net無料ブログ作成

PM2.5 洗濯物 外干し対策! [生活]

PM2.5・花粉・黄砂などが連日ニュースを賑わしています。

そういった時期に洗濯物を外干しするのは、心配ですよね。

洗濯物を外干しすると当然PM2.5の微粒子が洗濯物に付着します。

そもそもPM2.5とは何なのでしょう!?。

PM2.5とは、直径2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の超微粒子で、
環境基準で定められているのは、粒径が 10μm以下のものであるので
PM2.5はそれよりもはるかに小さい粒子なんです。

PM2.5は、粒子が小さいために呼吸器系の奥深くまで入っていきますので、
人体への影響は極めて大きいようです

しかし中国から日本に飛来してきた時点で、
濃度は非常に薄まった状態になっていますので、
一般の大人の方であれば、それほど神経質になる必要はないでしょう。

しかし子供たちにとっては影響が大きいようです。


洗濯物ですが、PM2.5が多い日などは、室内干しが無難です。

部屋干し洗剤・柔軟剤・扇風機・空気洗浄機などを使って、
この時期を乗り越えましょう。

また外から帰ってきたら、衣服にPM2.5が付着していますので、
すぐに着替えましょう。

着替えずそのままでいると、家の中にまでPM2.5が飛散します。


また住居事情で室内干しができず、やむを得ず外干しする場合は、
必ずよくはたいてから取り込みましょう。

また洗濯物にカバーをかけることで、付着を軽減することができます。

洗濯物を守る魔法のシート「ジカルカバー」がオススメです。



「マジカルカバー」は『空気は通しても水は通さない』魔法のシートなんです。
「マジカルカバー」は特殊なシートでできているので、
洗濯物のさまざまなトラブルから守ることができるんです。

突然の雨・花粉・黄砂・鳥の糞・他人の視線などからも守ります。


こんまり流収納 押入れの片付け [生活]

こんまり(近藤麻理恵)は、収納や片付けのプロとして
多くのメディアに取り上げられ、
人気のある片付けコンサルタントです。

「一度片づけたら二度と散らからない片づけ法」
としてその収納・片付けは定評のあるところです。

TV番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」へも
何回か出演されているので、ご存知の方も多いと思います。



簡単にプロフィールを紹介しますと、

本名:近藤麻理恵
生年月日は非公開だが、2011年12月27日時点で27歳。

幼少期からESSEやオレンジページなどを好んで読むなど
収納に興味があり、小学校では「整理整頓係」。
大学2年のとき、片づけコンサルティング業務を開始。
個人レッスンでは、卒業生のリバウンド率ゼロをキープ中。



服・本などは増える一方で、なかなか片付けられない、
押入れをスッキリと使いやすいように整理したい。

そんな要望にこんまり流収納術はオススメです。


今回押し入れの収納について
こんまり流片付けを紹介します。

押し入れは外からは見えないということで、
乱雑に収納されている方も多いのではにでしょうか。

こんまりさんによると、
押入れの収納は、片付けの重要なキーとなるようです。

《押入れ収納》

1.押入れの上段をディスプレーのように使用する。

2.なるべく大きな物から収納する

3.下段にはクリアケース(引き出し用)を収納

4.クリアケースの天板の上などの有効活用

5.使用頻度の低いものは天袋や奥に収納

6.できるだけカテゴリー別に収納

押入れを上手に収納することで、
片付けが効果的になりますよね。


〈Amazon 送料無料〉
 ↓ ↓ ↓



〈片付けに効果的なCD〉
 ↓ ↓ ↓

こんまり流片付けの順番はコチラ! [生活]

片付けは「祭り」とおっしゃるこんまり先生。
そんなこんまり先生の片付けの順番を紹介します。



こんまり流片付けの順番は、
大きく分けて次の3つです。

1.片付ける日を決める
2.いらない物は捨てる(捨てる物と残すものを選別)
3.残す物の定位置を決め収納する。

詳しく説明すると、

1.片付ける日を決める

こんまり先生によると、
片受けは祭りであり、一気に、短期に行い
毎日行うものではない。

少しづつ行なっては、テンションも上がらず、
片付けた尻からまた散らかっていきますので、
いっきに片付けできる日を決めましょう。


2.いらない物は捨てる(捨てる物と残すものを選別)

片付けられない人の多くは、いらない物で
部屋が溢れています。

まず不要な物を捨てましょう。

捨てる順番は、衣類-本-書類-小物類-思い出品の順番です。


衣類 → 衣類はすべて(全シーズン)を床に広げます。
    そして手にとって【ときめき】を感じない服は捨てます。
    何年も着ていない服がいっぱいでてきますよ。

本  → 衣類と同様にすべて 床に広げ、
   【ときめき】を感じない本は捨てます。
    いつか読もうと思っていた"いつか"は永遠にきません

書類 → 今使っている、当分必要、ずっととっておく重要なもの、
    それ以外は捨てます。

小物類、思い出品 →【ときめき】を感じないものは捨てます。

こんまり流の捨てる基準はすべてにおいて
ほんとうにその物が自分に必要かどうか、 その物について【ときめき】があるかどうかが基準なんです。


3.残す物の定位置を決め収納する

残した物はカテゴリー別に定位置を決めて 収納します。

物を使ったら定位置に戻す。
新しい物を買ったら同じカテゴリーの場所に
収納する。

そうすることによってかたづいた状態を
キープする事ができます。


〈Amazonはこちら〉
  ↓↓↓



〈楽天市場はこちら〉
  ↓↓↓



気になるニュース・出来事ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。