So-net無料ブログ作成

宇宙兄弟 映画の感想は! [映画]

映画「宇宙兄弟」に関する感想を集めました。

映画「宇宙兄弟」予告編



映画「宇宙兄弟」は、週刊「モーニング」で連載中の
小山宙哉による同名コミックの実写版。

日本人初の宇宙飛行士という夢を追いかける 兄弟の姿を描いた作品です。

主演の兄弟は、小栗旬(ムッタこと兄・南波六太役)と、
岡田将生(ヒビトこと弟・南波日々人役)
の若手実力派が共演。

出演は他にも、麻生久美子、濱田岳、新井浩文、堤真一、益岡徹・・・。


ストーリーは、
幼い頃からに宇宙飛行士になることを
夢見てきた兄ムッタと弟ヒビト。

2025年、弟ヒビトは予定通り宇宙飛行士となる。
月面長期滞在クルーの一員として世間から注目されていた。

一方兄ムッタは、自動車デザイン会社をクビになり挫折。

そんな時、JAXAから宇宙飛行士選抜試験の選考通過を知らせる手紙が届く。
ムッタは再び幼い頃からの夢に向かって歩みはじめる。

そんな時、月面でヒビトの乗った探査機が消息を絶った・・・。


映画「宇宙兄弟」の感想としては次のようなものです。

・無条件におもしろかった。

・アレンジは本気で素晴らしかった

・家族の絆の強さ、夢を描く大切さを実感できる作品だった。

・原作を知っている人にとっては、時間の関係上細かいところが
 かなり端折られてしまっていてがっかりした。

・2時間という制約の中では、よくまとめられていた。

・原作・アニメを知らない人でも楽しめた。

・ロケット打ち上げのCG技術はなかなかのもの。

・オープニング、エンディングと選曲、構成最高

・小栗くんと岡田くんの演技が最高

・原作の良いところが消し去られている。

・原作漫画未読の人たちの漫画への入口的役割

・月面での事故の救出劇やラストが駆け足気味の説明で終わってしまったのは残念。



総じての感想では、原作を未読の人にとっては、 入りやすく、面白く感じられた作品です。 一方、原作を知っている人にとっては、 物足りなくなる作品のようです。

私も原作は読んでいませんが、映画の予告編を見て、
映画ならではのスケールの大きさ・壮大さを感じ本編を見てみたくなりました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
気になるニュース・出来事ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。